世界のびっくりニュース

詐欺?テロ?数千人に「殺し屋です。5000ドルくれないと殺しにいきます」メールが送られる


普通「あなたを殺すように依頼されました。48時間以内に5000ドル(約40万円)くれれば助けます」というメールは、あまり大流行しないようにターゲットを絞って送るものですが、オーストラリアでは数千人単位で送られてしまい、大型詐欺なのか大規模虐殺なのかよくわからないことになっています。


現在、オーストラリア中の携帯電話利用者の間で蔓延しているメールは「48時間以内に連絡せよ。5000ドル払えば殺さない」というもの。送信元は海外のようで、連絡先はフリーメールのアドレスが指定されています。

こうした内容のメールはありふれたものなのですが、ここまで大量に送信されたのは歴史上はじめてとのこと。警察は落ち着いて対応するよう市民に呼びかけていますが、これまでになくたくさんの人にメールが送られているため、通報が殺到しているとのこと。こう見ると詐欺よりもインフラを狙ったテロのように見えてきますね。

ソース:Tens of thousands across Australia receive death threat SMS

関連記事

自爆テロ犯、トリガーの携帯電話がスパムメールで誤動作して爆死 - DNA

「殺し屋の本能を失った」イギリス首相官邸ネズミ捕獲長のラリー氏に批判の声 - DNA

[閲覧注意]「もしバービー人形がサイコキラーだったら……」画像21枚 - DNA

「迷惑メール業者を訴える」のを商売にしてしまった男性が登場 - DNA

なぜ「どうみてもバレバレ」なスパムメールが有効なのか、マイクロソフトの研究者が明らかに - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧