アートとデザイン

ビジュアルが凄すぎる、1800年代にシベリアで使用されていた対熊用ハンティング・アーマー


1800年代にシベリアで使用されたと言われる熊狩り用防御服の紹介です。何よりも見た目が凄すぎます。

金属製のヘルメットに革製のスーツ。見た目で脅しているのか、それともかなりの実用性があったのか非常に気になるところです。

先日紹介したラクダの口の中を彷彿させるトゲトゲ感です。

ソース:Siberian Bear-hunting Armor | Picture 12093

関連記事

西洋の全身鎧はあまり役に立たなかった可能性が初めて実験で証明される - DNA

中世から近世にかけてドイツで実際に使用されていた美しい「甲冑の兜」コレクション - DNA

カラーイラストいっぱい、1500年代に描かれた西洋剣術の指南書「Fechtbuch」 - DNA

対ゾンビ最強兵器となるか?「斧+ライフル」の画像いろいろ - DNA

まるで人、厳しい自然に生きる野性のクマたちのほのぼの写真7枚 - DNA

狂暴な熊が何度も男性に襲いかかり、腕や足を噛み千切ろうとする動画 - DNA

熊の内臓を食い破り、あちこちにまき散らしている犬の画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧