世界のびっくりニュース

オバマ大統領が26歳の時、父の故郷アフリカ・ケニアを初めて訪れた時の写真10枚


アメリカ建国以来初めてのアフリカ系アメリカ人大統領となったバラク・オバマ大統領が、26歳頃初めて父親の生まれ故郷・ケニアを訪れた時に撮影された写真です。その後、ハーバード・ロー・スクールへ進み、弁護士から政治家への道を歩むことになるのですが、この頃に自分が大統領になると想像できていたのでしょうか。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

ソース:10 Photographs From Barack Obama’s First Trip To Africa

関連記事

世界のリーダーにバッチリメイクを施したら、とんでもないことになってしまった - DNA

まさに怪奇現象、恐怖のオバマ七変化 - DNA

各国首脳や指導者たちが思いっきりキスしているベネトンのキャンペーン「UnHate」 - DNA

情報を隠してもパニックは収まらない、ということがよく分かる「国境なき記者団」のポスター - DNA

「なるほど、これが『つぶやき』ね……」ミシェル・オバマ大統領夫人、初めてTwitterでつぶやく - DNA

書類の山に次々とサインをしていく事務補助マシーン「Autopen」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧