世界のびっくりニュース

時速220kmで空を滑空して戦うウィングスーツ・レースの動画


ムササビのようなウィングスーツを着て大空からダイブするのはそれだけでも楽しそうですが、さらに競争にしてしまえばもっとアドレナリンが出ること間違いありません。最大時速220km、パラシュートが開くのが遅れれば即死という超危険なスポーツです。


なお、ラスト何10mくらいは徒競走になります。パラシュートにひきずられながらのランは厳しそうです。

動画はこちらから。
WINGSUIT RACING – Human Flight at 140mph! – YouTube

関連記事

パラシュートを使わないスカイダイビングにイギリスのスタントマンが成功 - DNA

「トランスフォーマー3」驚愕の特撮技術、ビルとビルの間を生身で飛ぶシーンはどうやって合成した? - DNA

自分の体に火をつけたまま、超高層ビルからパラシュートなしで飛び降りるエクストリーム過ぎるスタントの動画 - DNA

絶景に向かってダイブ、世界の崖から飛び込むエクストリームスポーツ「Cliff Diving World Series」 - DNA

究極の飲み逃げ、243mの高さにある展望バーから4人組がパラシュートで逃走 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧