アートとデザイン

後にも先にも無い独特さ、ソビエト時代に作られたアーティスティックなバス停の写真集「The Soviet Roadside Bus-Stop」


無機質な建築物が乱立したソビエト時代にアーティストたちの数少ない表現の場となっていたバス停の写真集「The Soviet Roadside Bus-Stop」の紹介です。ソ連崩壊と共に、バス停もまた破壊されてしまったのですが、これらのバス停は運良く砂漠地帯や人が少ない地域に残されたもの。地域の文化や宗教感が反映されたものもあり非常に興味深いデザインとなっています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

これらの写真は写真家のChristopher Herwig氏の作品です。2002年から2006年にバルト3国からサンクトペテルブルク、さらには中央アジアを回って撮影された写真です。

ソース:herwigphoto

関連記事

ロシア的倒置法:ソビエトロシアでは車を瓶に積む - DNA

「東側×レトロ」な組み合わせがたまらない、1960〜70年代のソ連製自動車いろいろ - DNA

ロシアの奇妙な日常を垣間見ることができる写真59枚 - DNA

たった15秒でロシアのカオスっぷりが何となく理解できる日常風景動画 - DNA

1930年ごろに撮影されたロシアの首都モスクワの美しい着色写真 - DNA

いかにも寒々しい冬のバス停をうまく使ったナイスな広告 - DNA

普通のスクールバスでものすごいところを走破してしまうニカラグアのバス運転手 - DNA

独身ロシア女性たちが想い描く理想の男性10人のモンタージュ写真とバックストーリー - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧