アートとデザイン

みんな大好き「Oreo(オレオ)」のパッケージ・デザインの歴史


ナビスコ社のチョコレートクッキー「オレオ」は今年で生誕100年。手軽なおやつとして有名なオレオですが、発売当時は結構重厚なイメージで売っていたようです。

1. 1912年

2. こちらも1912年

3. 1963年

4. 1973年

5. 1993年

6. 1998年

7. 2012年

8. なお、こちらは1908年にリリースされた「ハイドロックス」。こちらのほうが先発なのですが「ニセモノ」といわれてしまう悲しいお菓子です。

ソース:100 Years Of Oreo Packaging

関連記事

世界でもトップクラスにかっこいいお菓子の家の動画 - DNA

[閲覧注意]腐敗した食物を使ったアート作品「One Third」 - DNA

UVライトで怪しく光る「クリプトナイト・キャンディ」の作り方 - DNA

[字幕動画]マクドナルド自身が語る「なぜ広告の写真は実物と全然違うのか」 - DNA

DTPのご先祖、70年代に使われていた電話帳広告電子制作システムの動画 - DNA

広告クリックの85%は、わずか8%のネットユーザーによって生み出されている - DNA

最新のハイテク機器がレトロな広告風になったポスター11枚 - DNA

外国人アーティストが昔の日本をイメージして描いたビンテージ風広告キャラクターのイラスト8枚 - DNA

SM専門誌にぴったり?「ムチ」を使って作るちょっと痛そうな広告 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧