科学と技術

色々と魔改造されてしまったソ連の名銃「PPSh-41サブマシンガン」の画像


単純な構造で確実に動作し、7.62x25mm弾を71発詰めたドラムマガジンを備えたPPSh-41サブマシンガンは、ソ連兵士の優れた相棒として第2次世界大戦で活躍しました。今もほうぼうの武器庫で見つかっては色々改造されて使われているようです。


トップ画像はイラクの武器庫で発見されたPPSh-41に現代的なホロサイトとバーチカルグリップをタイラップで無理やりくくりつけたもの。これもなかなかかっこいいのですが……。

こちらは第2次世界大戦末期に開発された赤外線スコープを載せたバージョン。ソ連らしさがぐぐっとアップしてさらにかっこいいものです。

PPSh-41は大量生産しやすく頑丈な短機関銃として第2次世界大戦中のソ連を大いに助けました。丸いドラム型の弾倉を備えた姿を見てドイツ兵は「バラライカ」、日本兵は「マンドリン」と呼んで恐れたそうです。

後のAK-47にも通じる思想ですが、とにかく構造が簡単で作りやすいのが特徴。様々なバリエーションも作られました。これは曲がり角の向こうを撃てる「曲銃身」バージョン。

レシーバーの後端に苦労の跡が見えるソウドオフバージョン。

サプレッサとドラムマガジンをつけたものも。公安機関が使用したもののようです。

いっぱい作られたのでこういう使い方もされました。大量のPPSh-41を飛行機の下部にマウントした対地攻撃兵器とのことです。敵の頭上に7.62mm弾の雨を降らせるというわけですね。

ソース:Unusual PPSh-41s

PPSh-41 – Wikipedia, the free encyclopedia

関連記事

銃口が跳ね上がらない幻の射撃競技用ピストル「MC-3」 - DNA

超ロングセラー、第5世代カラシニコフ小銃「AK-12」の動画が公開 - DNA

カラシニコフ自動小銃の故郷「イズマッシュ社」の工場の画像31枚 - DNA

武骨だけれどそれがいい、東側諸国のスナイパーライフルいろいろ - DNA

ヒトラーの夜間警護専用、銃身下にフラッシュライトを搭載したルガー・P08 - DNA

狂気の沙汰、「ティーガーI戦車」の実寸大・走行可能なレプリカの制作風景 - DNA

ついに真打ち登場、ウクライナの超巨大輸送機「アントノフ An-225ムリーヤ」が日本にやってくることが決定 - DNA

旧ソ連製の試作レーザー砲戦車「1K17」のかっこよすぎる画像いろいろ - DNA

ヒトラーの夜間警護専用、銃身下にフラッシュライトを搭載したルガー・P08 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧