世界のびっくりニュース

思い出は永遠に、死んだ飼い猫を剥製にしたヘリコプター「Orvillecopter」


ペットは生き物。いつかは別れの時がきます。しかし、その厳格な理にアートと技術で挑戦した人が現れました。交通事故にあった猫のことを永遠に忘れないために、彼を剥製にしてヘリコプターに変身させたのです。


「空飛ぶネコ型ロボット」というどこかで聞いたことがある代物を作ってしまったのはオランダのアーティストBart Jansen。彼は、飛行機を発明したライト兄弟の弟の名をとってオービルと名づけられた猫を愛していました。

しかしある日、オービルは交通事故にあってしまいます。悲しみのどん底に突き落とされたBartはオービルの剥製を作りますが、やがてラジコンヘリの専門家・Arjen Beltmanと組み、半猫・半ヘリの「オービルコプター」として完成させたのです。

整備中のオービルコプター

今はそれほど遠くまで飛ぶことができませんが、「鳥が大好きだったオービルが彼らと一緒に飛べるように」とオービルの誕生日にはより強いモーターと大きなプロペラが装着される予定ということです。

動画はこちらから。
PowNews – Orville de vliegende kat – YouTube

思い出として残すのも重要ですが、安らかに眠ってもらうことも重要な気がします。

ソース:Cats away! Artist turns his dead pet into flying helicopter after it is killed by a car | Mail Online

関連記事

Google Custom Search

謎のフュージョン、アナグマとテルミンを合体させたシュール過ぎる楽器「Badgermin」 - DNA

不気味な速さ、DARPA謹製チーター型ロボットが走行速度の世界記録を達成 - DNA

インド生まれの超絶特濃アクションSF映画「ロボット」5月12日から日本公開、公式サイトがリニューアル - DNA

「肩に乗った小さな相棒」を実現するウェアラブル・ロボットを山形大学が開発中 - DNA

どうみても殺戮ロボットのプロトタイプ、ボストン・ダイナミクス社製「PETMAN」の動画 - DNA

かなり悲しそうなびしょ濡れのネコたちの写真30枚 - DNA

悪夢にうなされる我が子をぎゅっと抱きしめる母ネコの動画 - DNA

巨大すぎる段ボールナイフで刺されているシュールな画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧