世界のびっくりニュース

地上で止まっているのに強風で勝手にふわっと浮き上がるジャンボジェット機の動画


トップ画像の飛行機、前輪が浮いて今にも飛び立ちそうです。でもよく見てください。エンジンが付いていませんね?これは強い風を受けて凧のようにふわりと浮きあがろうとしているのです。


これはアメリカ、モハベ砂漠の「飛行機の墓場」で解体を待っている747ジェット。エンジンや内装が取り外されて軽くなっているところに風が吹いたのでふわっと持ち上がってしまうのです。
Amazing video of 747 lifting in place in extreme wind conditions – 1080P HD – YouTube

地上のジェット機はバランス上、機首が持ち上がりやすくなっているもので後部に荷物を積み過ぎると「尻もち事故」が発生したりします。なのでテールスタンション(Tail Stanchion)と呼ばれる「つっかえ棒」が用意されています。

Malabar International

あんなにも巨大なものが浮き上がるのはどう見ても不思議。航空工学の粋を集めて作られている旅客機はやっぱり違います。

関連記事

安全のための最後の砦、究極の信頼性が求められるジェット旅客機のブレーキをテストする動画 - DNA

テストパイロット、ボーイング787ジェット機で世界最大の絵を描く - DNA

すさまじいパワーで視界も揺れまくるジェットエンジンのテスト動画 - DNA

度胸一発、ジェットパックを背負ってジェット機とフォーメーション飛行をする動画 - DNA

これは爽快、コックピットにカメラを積んだラジコンのF-16戦闘機からの動画 - DNA

ついに真打ち登場、ウクライナの超巨大輸送機「アントノフ An-225ムリーヤ」が日本にやってくることが決定 - DNA

ホンモノのジェット機のコックピットで遊べるフライトシミュレータを自作した男 - DNA

スペースシャトル「ディスカバリー」コックピットの全周パノラマ画像が公開 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧