科学と技術

紙に描いた丸や線をそのままボタンやスライダーにして操作できるシステム「SketchSynth」


小さいころは紙にボタンやレバーを描けば、それがそのままスーパスペシャルな機械のコントロールパネルになっていつまでも遊ぶことができました。そんな小さいころの思い出を忘れない研究者が、こんなシステムを開発しました。


動画はこちら。Webカメラで撮影した指とインターフェイスに向かってプロジェクターで投影しています。
SketchSynth on Vimeo

こちらは実際にコンピューターが認識しているところ。カメラに写っている手のシルエットの中心からもっとも飛び出たところを認識ポイントにしています。
SketchSynth (behind-the-scenes) on Vimeo

平面ならどこでもコントロールパネルにできるという利点のほか、いろいろな配置を試すことができるのが役に立ちそう。

開発したのはカーネギー・メロン大学のビリー・キース。プログラムソースや設計図などは下記サイトからダウンロードすることができます。

ソース:Interactive Art and Computational Design, Spring 2012 ≫ Billy Keyes – Final Project – SketchSynth

関連記事

神秘の調和、アップル社のプロダクトデザインに隠された「黄金比」 - DNA

超有名ウェブサイトの昔と今のサイトデザイン比較16パターン - DNA

レトロさがすごく新鮮、80年代風のiPhoneインターフェイス「iOS ’86」 - DNA

より自然にパソコンとポータブル機器の間でデータをやり取りするインターフェイスのコンセプト動画 - DNA

あらゆるPCをジェスチャーで操作可能に、ドップラー効果を利用した「SoundWave」 - DNA

すべての人に武装の自由を!ユニバーサルデザインのピストル「Palm Pistol」が2011年内にデビュー - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧