アートとデザイン

1984年製の初代MacとMacPaintで「アイアンマン」を描いていく動画


タブレットやスキャナがないとCGが描けない、という人が現れたのは最近のこと。昔はみんなマウスでごりごりCGを描いていました。しかも「レイヤー」とかとかいう機能もありません。そんな時代のシステムで「アイアンマン」を描いていきます。


1984 Starkintosh Iron Man Speedpaint – YouTube

何せ解像度が低い時代、1ドットの違いは大きな意味を持ちました。なのでこうして拡大して修正。グラデーションも自動のものは色がベッタリになってしまうので、タイル模様を1ドットずつ描くこともあったのです。

スキャナがないので下絵をサランラップに描いてディスプレイに貼り付けてそれをなぞるなどコンピューターを使うこと自体が大変だった時代。技術の進歩がいろいろな人に門戸を開いたというのはうれしいばかりです。

関連記事

絵描きさん向けベンチマーク、あなたの眼はどれくらい正確か診断できるゲーム「The Eyeballing Game」 - DNA

レトロさがすごく新鮮、80年代風のiPhoneインターフェイス「iOS ’86」 - DNA

お絵描きソフト「MSペイント」を使ってC言語のソースを書いてしまう脅威のGIFアニメ動画 - DNA

CG人間の「不気味の谷」を飛び越える「表情キャプチャー」 - DNA

画面の中の3Dモデルの関節を自由自在にコントロールできるフィギュア「QUMA」 - DNA

憎悪の果て、永遠の空中戦を描く3Dアニメーション「PATHS OF HATE」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧