科学と技術

イギリスで初の「人力発電所」がオープン、無料ジム施設に発電機を組み込み


イギリスのハル市では、地域の健康を促進するため屋外に無料で使えるジム機器を設置しているそうですが、それらの機器に発電機を組み込んだ「人間発電所」がこの度オープンするそうです。マトリックスの世界が近くなってきました。


イギリス東海岸のキングストン・アポン・ハル市にこの度見られることになったのは「Green Heart」と呼ばれる屋外型の無料ジム施設。

既に市内に無料屋外ジムを設置しているGreat Outdoor Gym Companyとハル市の共同事業で、発電機を組み込んだジム機器を使うことでバッテリーに充電、夜間の照明に使用します。

Great Outdoor Gym Companyでは、地域の健康促進のため無料の屋外ジムを設置したい自治体に対して機器を提供していますが、24時間の施設運営には電気代がかかってしまうのがネック。こうすることで電気代を心配することがないほか、アスリートにとっても自分がどれくらい発電したかをみられてモチベーションがあがります。

総発電量と当日の発電量が表示される。ステーションどうしで競うようにすると面白いかも。

人口の多い地帯にこうして明るいフィットネス施設があると治安もよくなります。

将来は電力供給網に「売電」して利益を得ることも考えているとのこと。刑務所に導入して「○○ワットの刑」などを課してみるというのはちょっと暗すぎるアイディアでしょうか。

ソース:World’s first outdoor ENERGY gym ≪ Electric Pedals

関連記事

19世紀末のロンドン貧困マップと21世紀の肥満分布マップが奇妙な一致を見せる - DNA

「デスクワークは死を招く」ことがよーくわかるインフォグラフィクス - DNA

イギリス・アイスクリーム業界の秘密兵器、水陸両用販売車「HMS Flake 99」が登場 - DNA

お腹のお肉への怒りを的確に表わしたコマーシャル動画「Kill Your Annoying Mini Me」 - DNA

元祖ディストピア、オーウェルの「1984年」がハリウッドでリメイクへ - DNA

新感覚な球技、スタンガンを持ってプレイする「アルチメット・タック・ボウル」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧