アートとデザイン

エキゾチックな装飾、今は無きインド帝国時代の幼い皇族たちの写真14枚


1840年にインドに写真技術が入ってくると、伝統的な肖像画とこのまったく新しい芸術の間には競争が発生します。新し物好きのお金持ちや貴族はこぞって写真を求めたり、時には自らが写真家となって普及に貢献しました。そこに写っているのは皇族としてただ格式ばった姿だけではなく、くだけた表情もとらえられており見ていて飽きません。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

これらの写真はPramod Kumarの著書、インド帝国の王族たちの写真を集めた「Posing for Posterity: Royal Indian Portraits」に掲載されています。

ソース:Posing for Posterity: Royal Indian Portraits

カテゴリ: ハードカバー
発売日: 2012-04-10

関連記事

インドの民族衣装で着飾った花嫁姿の美女写真18枚 - DNA

美しい民族衣装をまとったマサイ族のクリケット選手たちの画像 - DNA

サハラ砂漠以南の西アフリカに現存する独特な伝統衣装 - DNA

日の沈む大地、マグリブに住んでいたユダヤ人女性たちの民族衣装 - DNA

豪華絢爛な民族衣装や化粧を身にまとったアフリカの王様や酋長の写真 - DNA

むちゃくちゃ味のあるアメリカ・インディアンのアパッチ族の人々のポートレート26枚 - DNA

アントニ・ガウディも影響を受けたと言われる砂漠の民トゥアレグ族の都市「トンブクトゥ」の街並み - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧