アートとデザイン

競技に合わせて体の一部をデフォルメした選手たちのオリンピック・ポスター8枚


第二次世界大戦後、東ヨーロッパで独立したという設定の架空の国「Vodkovia」からやってきたオリンピック代表選手たちのポスターの紹介です。制作はイギリス出身の写真家 oli kellett 氏。各種目ごとに重量な部分がデフォルメされており、間違いなく金メダルを獲得してしまいそうなシュールな姿の選手達です。

1. スイミング。腕がすごいことになっています。

2. ウェイトリフティング。不自然なほどの上半身。

3. アーチェリー。目が……。

4. 新体操。腕までリボン化しています。

5. レスリング。これは勝てない。

6. 槍投げ。無敵。

7. シンクロナイズド・スイミング。すでにシンクロしています。

架空の国「Vodkovia」についての詳細はこちらにまとめられています。
TEAM VODKOVIA

また、本物の公式ロンドン・オリンピックのポスターもなかなか面白いデザインにななっています。特にマスコットは必見です。

ソース:OLI KELLETT PHOTOGRAPHY

関連記事

2012年に開催されるロンドンオリンピックの公式ポスターが公開 - DNA

やっぱり危険だった……あの「ブブゼラ」が健康に悪影響を与えることが改めて明らかに - DNA

ロンドン象徴「ニ階建てバス」が現代の技術により生まれ変わって復活 - DNA

世界で最も稼いでいる女性アスリートトップ10 - DNA

1876年に撮影された、当時のロンドンの街や人々の様子がよくわかる27枚のセピア色の写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧