科学と技術

飛ぶ幾何学、自らを反転しながら空中を浮遊する「SmartInversion」の動画


数学的に理屈が合っているのは分かっていても、気持ちとしてはこういうものが空を飛んでいることに不安を覚えざるを得ない形の浮遊機械がこの「SmartInversion」。全体が裏返るように変形して推進します。


「SmartInversion」は、スイスの数学者パウル・シャッツが発見した「裏返された立方体(シャッツ立体)」を利用した飛行機械。

ヘリウムを満たした三つのひし形の袋を頂点でつなぎ、自らを裏返し続けることで推進します。



操作はスマートフォンで。

動画はこちらから。
Festo SmartInversion – YouTube

動きは面白いものの制作したFesto Bionic Learning Networkでは「何に使えば分からない」状態らしく、現在ドイツ国内で面白い使い方を募集しているところ。「荷物を吊るす」というしょーもない考えとは比べ物にならないくらいユニークがアイディアが飛び出しそうです。

ソース:New Scientist TV: Flying object propels itself by flipping inside out

関連記事

あれ、空飛んでる?とても元気に走りまわる動物たちの宙に浮いている瞬間の写真25枚 - DNA

「空中サーバーなら差押えられない」P2P情報サイト「The Pirate Bay」が空中サーバープラットフォームを計画中 - DNA

2022年のサッカー・ワールドカップに超巨大飛行物体が出現する可能性が高まる - DNA

度胸一発、ジェットパックを背負ってジェット機とフォーメーション飛行をする動画 - DNA

努力と根性と勘と経験、中国の農夫が作り出した「飛行機械」 - DNA

空中で静止・映像送信が可能な体長わずか16cmのハチドリ型偵察ロボット - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧