アートとデザイン

昼と夜では別の顔、ニューヨークの名所の24時間を1枚に合成した写真9枚


同じ場所でも昼と夜ではまったく違う表情を見せるもの。これらの写真はニューヨークの数々の観光名所の朝から夜までの変化を1枚の写真に合成すると、同じ場所なのに全然違う様子になってしまうのがよく分かります。

1. フラットアイアンビルディング

2. コニーアイランド

3. ハイライン

4. 冬のセントラル・パーク

5. パーク・アベニュー

6. タイムズ・スクエア

7. ワシントン・スクエア・パーク

8. グラマシー・パーク

9. セントラル・パーク ベセスダの噴水

これらの写真は、アメリカの写真家 Stephen Wilkes 氏の作品です。

ソース:Stephen Wilkes

関連記事

ニューヨークの街に鍵をしっかりとかけた自転車を放置して1年間観察した動画 - DNA

禁断の迷宮、ニューヨークの地下鉄トンネルを無許可でさまよい歩く動画「UNDERCITY」 - DNA

映画のワンシーンのように雰囲気のある、ニューヨークの街角の売店の画像いろいろ - DNA

モノクロームなのに活気が伝わってくる1930年代半ばのニューヨークの画像 - DNA

現在でも美しく色鮮やかに残る1945年に閉鎖されたニューヨークの地下鉄駅「City Hall」 - DNA

ニューヨークの喧噪をタイムラプスでぎゅぎゅっと圧縮した動画「NYC – Mindrelic Timelapse」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧