アートとデザイン

廃墟となった精神病院で撮影されたファンタジックなHDR動画「Asylum」


画面内のすべてを明るく写し超現実的なビジュアルを生み出す「HDR撮影」で作られた3万5千枚の画像を組み合わせ、時間の流れを早めるタイムラプス動画にしたのがこの動画。今見えているものは本物なのか、偽物なのか分からなくなってきます。


Asylum on Vimeo

この手の動画では「定番」ともいえるキヤノンのデジタル一眼レフ「Canon 5D Mark 2」2台に、タイムラプス用移動レールの「Stage Zero」を組み合わせたリグで行われました。

撮影にあたっては許可をとっていないのでまず潜入するのが大変だったとのこと。また、セキュリティや覚せい剤使用者などから身を隠したり、さらには古い建物なのであちこちに防燃材のアスベストが降り積もっており……などなど苦労には事欠かなかったようです。

関連記事

HDR撮影されたポーランドの教会の動画がどう見てもファンタジーRPGの1場面にしか見えない - DNA

火星の荒々しい風景を探査衛星の測量データから再現したHDR画像42枚 - DNA

ライトアップされた日本の巨大工場の機能美あふれるHDR合成写真いろいろ - DNA

高画質なHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)加工された動物の写真 - DNA

とある鉄工所で発生した超危険だけどファンタスティックな事故の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧