アートとデザイン

消えゆく紛争の傷、サラエボの1990年代と現在を比較した写真15枚


ソ連が崩壊し、東欧諸国で共産主義独裁が終わるとその陰に隠れていた民族間の争いが激化します。なかでもボスニア・ヘルツェゴビナで発生したものは大戦後最悪とも言われるもので、数多くの市民を巻き込んだ激しい戦闘が行われました。これは、首都・サラエヴォが紛争下にあった1990年代と、現在とを比較した写真です。


サラエヴォは1992年4月5日から1996年2月29日までセルビア人勢力の包囲下にあり、この間12,000人が死亡し、50,000人が負傷。このうち85%が市民という凄惨な戦いが繰り広げられました。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

メインストリートは、両勢力が通る人を無差別に銃撃することから「スナイパー(狙撃手)通り」の異名がつくほど。これはそのスナイパー通りに面したホテル、ホリデイ・イン。戦闘下でも営業が行われ、各国のジャーナリストはここを拠点に紛争の情報を送り続けました。

9.

こちらは当時のドキュメンタリー動画です。
ボスニア内戦 民族紛争の真実 前編 – YouTube

10.

11.

12.

13.

14.

15.

もちろん争いの記憶が消えてしまうわけではありません。街の中には砲弾によって欠けた穴に赤い樹脂を流し込んだ「サラエヴォのバラ」が今も残されています。

ソース:itisjim’s photography

関連記事

時はうつる、東ドイツの同じ街角の10年間を比較した画像36枚 - DNA

世界25の国や地域の1週間で食べる食料とその家族を比較した写真 - DNA

1955年から2011年までの「世界報道写真コンテスト」大賞作品 - DNA

滅びの美しさ、混沌の中にあった90年代のソビエト連邦の画像 - DNA

有名ミュージシャンたちのアルバムジャケットの撮影場所をGoogleストリートビューで比較 - DNA

地球の変化の速度がよく分かる、1921年と2011年のヒマラヤの姿を比較した写真 - DNA

リビア内戦の反体制派が使用する手作り感溢れるDIY兵器いろいろ - DNA

紛争中のリビアでたくましく生きる陽気な武装した女性たち - DNA

ある東欧のエアラインパイロットのありふれた1日 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧