世界のびっくりニュース

スマートフォンでゲームをし過ぎた男性、人差し指の機能を失う


TVゲームが一般に広く普及し始めたころ、ゲームのやりすぎによる視力の低下が問題であるとしてよく取り上げられましたが、スマートフォンもそろそろ色々な弊害が取り上げられそう。スマートフォンの使い過ぎで指がおかしくなってしまった人が現れたようです。


報道によれば、指の機能を失ったのは台湾に住む男性。1日6時間もの間スマートフォンでゲームなどを行った結果、軟骨の組織が弱ってしまい指を曲げることができなくなってしまったそうです。

5か月間の物理療法にも関わらず症状は改善せず、指を曲げるたびに激痛が走るようになってしまったとのこと。

今のところ動作の速さや記録容量の大きさを競うのがスマートフォン市場では一般的ですが、四六時中使うものだけにそろそろ健康について配慮しているということをウリにした商品が出ないものでしょうか。

ソース:Phone fun can be hard on finger

関連記事

ゲームのやり過ぎで起こりうる症状を特殊メイクで再現したアート「Game Arthritis」 - DNA

iPhoneに力の向きと大きさを同時に入力できる「3次元ジョイスティック」の動画 - DNA

この冬必携、着用したままタッチスクリーンが使える手袋をDIYする方法 - DNA

「フリック入力」に続く、タッチパネルに最適化した革命的入力メソッド「8pen」を紹介する動画 - DNA

「変な研究」の頂上を選ぶ「イグ・ノーベル賞」2011年の受賞一覧 - DNA

腕の切断事故で病院に来た男性、原因は「手作りギロチン」 - DNA

ゾクリとくる美しさ、ガラスで出来た病原菌の模型「Glass Microbiology」 - DNA

イボをとるためにショットガンを使い、指全部を吹き飛ばした男性が逮捕される - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧