世界のびっくりニュース

金持ちは携帯電話で「つぶやき」もゲームもしないことが判明


お金が集まってくる人はきっとばりばりソーシャルネットワークを使いこなしてかっこよくライフハックをやっているに違いない……というのが最近よく語られるイメージなのですが、実際のところはそうでもなかったことが判明しました。


これはアメリカのラグジュアリー・インスティテュート(訳注:贅沢研究所……??)が、年収15万ドル(約1240万円)以上の人を対象に行った調査の結果。

スマートフォンの使用率は平均より若干高いにも関わらず、ゲームなどのエンタメ系アプリやソーシャル系アプリの使用率は平均よりもぐっと低いことが分かりました。

またそもそも富裕層はアプリを使わず、8割の人が有料アプリを買った経験があるものの、ダウンロード数は一般の半分に留まったそうです。

対象者の平均年齢が52歳とやや高齢なことは大いに考慮すべきと思いますが、アメリカの大手リサーチ企業、ニールセンの「スマートフォンの主な使い道はソーシャルネットワークとゲーム」という調査結果と比べると対照的なのが面白いところです。

使用している端末も差が出ました。富裕層の45%がiPhoneユーザー、35%がAndroid携帯、残りがブラックベリーであるのに対し、平均では46%がAndroid、30%がiPhone、残りがブラックベリーと、iPhone・Androidが逆転しました。

ニールセンのジョナサン・カーソンによる「Googleは複数の製造業者をパートナーにすることによってデバイスの選択肢を増やし、ローエンドのユーザーにも買いやすくしている」という指摘が、こうした結果につながっているようです。

「年を取り、家族が増え、両親を介護し、資産が多くなるとゲームやチャットよりもやらなければならないことが増えるのです」とラグジュアリー・インスティテュートのCEO、ミルトン・ペドラザはコメントしています。

携帯電話は「1億人から1円ずつ集めれば1億円だよね~」という妄想を具現化することに成功したデバイス。通信会社にとってはカネのなる木ですが、私たちユーザーがカネを稼ぐにはちょっと使い方を考えなければいけないようですね。

ソース:Wealthy smartphone users less likely to play games, tweet | Reuters

関連記事

くしゃくしゃにしたお札そっくりな梱包材「Financial Padding」 - DNA

超大富豪しかできないカードゲームの遊び方 - DNA

紙幣1万枚を運んだり隠したりするのは結構大変なことが分かる画像 - DNA

総額約19兆円、金塊で溢れかえっているイングランド銀行の地下金庫 - DNA

ザ・大名旅行!インドを走る世界一豪華な列車「マハラジャ・エクスプレス(Maharaja Express)」 - DNA

購入するには審査が必要なほどの超高級車「ブガッティ・ヴェイロン」にWINDOWSエラーが表示される - DNA

Googleにイスラム教、キリスト教、ユダヤ教、仏教の信者の評判を聞いてみた - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧