科学と技術

美麗な映像で1冊の本ができるまでを追うショートフィルム「Birth of a Book」


これはある意味驚くべきことかもしれませんが、こと本づくりにおいて、機械化は進んだものの、その基本的な作り方はあまり変わっていません。今でも職人が丁寧に作業をしているような出版社や印刷工房がたくさんあります。そのうちの一つを追いかけたのがこちらのショートフィルム。愛情がこもっています。


まずは印刷のための版を作るところから。

フィルムに薬品を塗り、感光させます。

そして輪転機にかけて、まずは大きな1枚の紙に刷っていく。何せ機械ですから扱いは職人技です。

印刷が済んだら紙を裁断、折って「折り丁(おりちょう)」を作る。

これを重ねて本にしていきます。この順番が狂うと「乱丁」、重ね忘れると「落丁」となるわけですね。

折り丁をまとめて背中を糸でかがる。

にかわでかためて……

しおりの糸(スピン)をつける

背中を守る寒冷紗や、ふちを守る花布(黄色い部分)を貼る。

表紙に箔押し。

これを最後に合わせていきます。

限定本なので手でナンバリング

完成。

こうした工程の1つ1つに専門の職人がおり、それぞれがプロの仕事を行うことで1冊の本が完成していきます。その昔は長編の小説を少しずつ印刷・発行して、完結したら装丁に出したり、お金持ちは気に入った本を芸術家に装丁し直させるというようなこともあったようです。

今では誰でも買えるような値段になった本ですが、その昔は高価な贅沢品だったのですね。

動画はこちらから。
Birth of a Book on Vimeo

ソース:Birth of a Book on Vimeo

関連記事

図書館にある無数の本を並べ替える作業を支援する拡張現実(AR)システム「ShelveAR」 - DNA

自動値付けボットが暴走、ごく普通の本に約19億円の値段がつけられて販売 - DNA

職人がものすごい手作業で銃を密造しているフィリピン・ダナオの「密造銃集落」の画像 - DNA

銃口が跳ね上がらない幻の射撃競技用ピストル「MC-3」 - DNA

これは次世代DIY、3Dプリンタだけを使って生産されたAR-15系のマガジン - DNA

ハンドガン2丁分の火力と、ダットサイトによる精度を両立させるアタッチメント「ドッペルグロック」 - DNA

手と足を存分に作ってチェスの駒を削りだすマラケシュの職人の動画 - DNA

ごつい丸太から職人が生み出す意外なもの - DNA

ガラスから義眼を作り出す職人の手業 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧