ネット・PC

アメリカを吹き渡る「風」の様子をほぼリアルタイムで表示するインタラクティブ地図「Wind Map」


風とは気圧の高いところから低いところに向かう空気の流れ。天気図では「高気圧」と「低気圧」の同心円模様でなんとなく見えるだけですが、これを実際に流れで見られるマップがこの「Wind Map」。ほぼリアルタイムで風の流れを見ることができます。


「Wind Map」はアメリカ国立気象局が提供しているデジタル予報データベースを可視化したインタラクティブマップ。データは1時間ごとに更新されるため、ほぼリアルタイムで風の吹き方を見ることができます。
Wind Map

マップをクリックすると好きな部分を拡大可能です。縮小はちょっと無理な様子。

過去の風の吹き方もアーカイブされています。
Wind Map: Gallery

ソース:Wind Map

関連記事

東北地方太平洋沖地震が発生した瞬間の「音」を3Dプリンタで可視化したアート - DNA

11月11日11時11分を告げる「つぶやき」が、どのように世界を駆け巡ったか可視化した動画 - DNA

東北地方太平洋沖地震の起こった日、Twitterで一体何が起こっていたのかを紹介する動画 - DNA

世界各国どんな国でも何かしらの世界一ということがよくわかる世界地図「International Number Ones」 - DNA

世界中の科学者どうしのつながりを可視化した世界地図サイト「collabo.olihb.com」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧