科学と技術

高さ約9mの障害物をジャンプして飛び越えてしまうラジコン「Sand Flea」


恐怖の4本足・Big Dog」や「キリングマシーン風動くマネキン・PETMAN」など、最先端かつ前衛的なロボットを開発しているBoston Dynamics社の次の作品がこちらの「Sand Flea(スナノミ)」。見た目はバギー風のラジコンですが、跳ねます。


「Sand Flea」は小型・軽量にデザインされ、持ち運びできるように作られた偵察ロボット。ジャンプ力の源は高圧の炭酸ガスで、これでピストンを素早く突き出し地面から跳ね上がります。こういう瞬発力があるロボットはなかなかいません。

障害物のところまできたら、お尻のところのピストンを接地。

ばしっと飛びます。

動画はこちらから。
Sand Flea Jumping Robot – YouTube

すでに持ち運びできるラジコンUAVはありますが、市街地のような高低差が大きいのに狭く天井もあるような場所ではこうした車輪式のものが有利です。将来は、ジャンプ中の宙返りの動きをキャンセルできるカメラを使って壁の向こうを偵察できたりするようにするそうです。

ルンバでおなじみiRobot社のこちらの車両のように、首がするすると伸びていくタイプはすでに色々ありますが、「Sand Flea」はぐっとスピーディ。逃げ回るのも得意そうです。
Geosystems Situational Awareness Mast (aka Zippermast) on iRobot Packbot – YouTube

関連記事

インド生まれの超絶特濃アクションSF映画「ロボット」5月12日から日本公開、公式サイトがリニューアル - DNA

どうみても殺戮ロボットのプロトタイプ、ボストン・ダイナミクス社製「PETMAN」の動画 - DNA

空中で静止・映像送信が可能な体長わずか16cmのハチドリ型偵察ロボット - DNA

6本脚でわしゃわしゃ動く多脚戦車ロボットのラジコン発売、イカす名前を募集中 - DNA

「人類史上最強」のボウリング・ロボットが人間のボウラーに負けた意外な理由 - DNA

怖いくらい完璧に人間の赤ちゃんの動作をシミュレートしているロボット「アニマトロニクス・ベイビー」の動画 - DNA

江戸時代のオーバーテクノロジー「からくり人形」を捉えたドキュメンタリー「Karakuri」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧