ネット・PC

さよならIE6、半強制アップグレードが国内でも提供開始、3月中旬から


すべてのWeb関係者にとっての忌むべき存在であった「インターネットエクスプローラー 6.0」。正直「マイクロソフトって自分勝手だよね」という風評の大きな部分はこのブラウザによって生まれたんじゃないかと思いますが、とうとうより新しいバージョンへの半強制アップデートが開始されることが明らかになりました。


この半強制アップデートは今年の2012年の1月から順次海外各地で提供されていますが、この度マイクロソフト日本法人にて、3月中旬から国内でも提供が開始されるというアナウンスがありました。

これまでも「自動更新」という形で最新版ブラウザへのアップデートは行われてきましたが、これはユーザーの操作によってキャンセルすることが可能でした。しかし、今後はWindows Updateによって自動で、かつ半強制的に最新ブラウザにアップデートされるようになります。

もちろん、どうしてもアップデートしたくない、という人たちに対しては「自動配布無効化ツールキット」も提供され、最新版にアップデートした後もIE6にダウングレードは可能であるとしています。

ここに至るまでにはマイクロソフトの中でもいろいろあったと思われますが、こうした半強制アップデートを提供する背景がブログでも語られています。開発者にとって涙が出そうなのはこのあたりでしょうか。

3. Web 開発者の負荷軽減
(前略)Web 開発者はコーディングではなく、斬新なアイディアを考えることに、より多くの時間を割くことができるようになります。

私達の声はマイクロソフトにも届いていたようです。

春は別れがいと易い、といいます。「なんでレイアウトが崩れるんだ……クソッ」という悲しみの日々にサヨナラを告げられる時が来たようです。

ソース:Internet Explorer の自動アップグレードについてのご案内 – The Official Microsoft Japan Blog – Site Home – TechNet Blogs

関連記事

人類とIE6の戦いについに終止符、マイクロソフト社が告知サイト「ie6countdown.com」をリリース - DNA

人類の敵「IE6」のレンダリングを再現しレイアウトを崩壊させるブックマークレット「IE6ify」 - DNA

初代から最新の「9」まで、Internet Explorerのレンダリングエンジンを試してみた動画 - DNA

あのトラウマがよみがえる……!Internet Explorerの「あのエラー」をJavaScriptで見事に再現 - DNA

Google謹製、1993年から現在までのブラウザの進化がよく分かるインタラクティブなインフォグラフィック - DNA

とあるSEOブログが「神ワザ」を使ってパクったSEO業者に復讐 - DNA

初代Windows1.0から最新のWindows7まで、順番にアップデートすると何が起こる? - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧