世界のびっくりニュース

劣悪な環境の中、イタリアの道端で働くナイジェリア人売春婦たち


アフリカの家族を養うため、海を超えイタリアにやってきた売春婦たちの生活環境を撮影したドキュメンタリ写真の紹介です。アフリカ西部、かつて奴隷海岸と呼ばれたギニア湾に面したナイジェリアのベニンシティ出身の若い女性たちの想像を超える劣悪な生活環境は驚きを隠せません。

1 イタリアの道端に並ぶ外国出身の女性たちは、イタリアの悪名高い事実となっています。

2 人間以下の環境で働く女性たち。彼女らは、法的地位を取得できる希望は殆ど無く、簡単に犯罪ネットワークへ飲み込まれてしまいます。

3 アフリカの家族へお金を送るため、売春婦として働くことを余儀なくされている。

4 毎年、ナイジェリア・ベニンシティ出身の女性たちはセックス産業に従事するためにイタリアへ渡ります。そしてその中で成功した人は、母国から自分より若い女性をイタリアに誘うのです。

5 最終的にセックス産業に働くことになってしまう人も含め、ほとんどの移民女性は、明確な決断を持って家を出発し、海外でチャンスを掴もうと考えています。

6 紛争、虐待、劣悪な環境、自然災害なから逃れるために移住する女性たち。

7 ナイジェリアのベニンシティでは、「海外で働くこと」は、貧困から脱出するための最善の方法と考える人も多くいます。

8 

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

これらの写真はイタリアのドキュメンタリー写真家PAOLO PATRIZI氏の作品です。

ソース:Migration : Paolo Patrizi Photographer

カテゴリ: 単行本
発売日: 2006-11-16

関連記事

アメリカに現存する100年以上の歴史を持つ売春宿「RED ONION SALOON」 - DNA

なぜか似ている、売春宿の部屋と刑務所の独房をテーマにしたミニチュアハウス - DNA

凶悪犯罪発生率が非常に高い南アフリカの刑務所はやっぱり劣悪な環境だった - DNA

過酷な環境と多彩な文化を持つ、チベットの超美麗な写真40枚 - DNA

モザンビークの劣悪な環境のゴミ集積所を生活の場にしている人々を追ったドキュメンタリ写真「Trash Land」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧