科学と技術

怖いくらい完璧に人間の赤ちゃんの動作をシミュレートしているロボット「アニマトロニクス・ベイビー」の動画


映画の撮影で、空想の生物や思い通りに動作してくれない生物をロボットを使って表現する「アニマトロニクス」というものがありますが、これはこのアニマトロニクスで作られた人間の赤ちゃん、ほぼ完璧に動作をシミュレートしている上、皮膚などで覆われていないスケルトンむき出しなので少し不気味な仕上がりになってしまっています。


頭と手の動きがリアルすぎるような気もしますが、実際の映画ではこれくらいのクオリティが必要なのだと思います。
Animatronic Baby – YouTube

こちらの動画は、様々なアニマトロニクスが登場します。
Amazing Animatronics by John Nolan – YouTube

アニマトロニクスは、動作を意味する「アニメーション」と電子工学を意味する「エレクトロニクス」が組み合わさって作られた造語。映画だけではなくディズニーランドのようなテーマパークでも使用されています。

関連記事

どうみても殺戮ロボットのプロトタイプ、ボストン・ダイナミクス社製「PETMAN」の動画 - DNA

空想科学イラストの旗手、小松崎茂のボックスアート作品いろいろ - DNA

[閲覧注意]犬の頭脳に機械の体……ソ連が開発していた謎の「バイオロイド」の資料 - DNA

ロボットサイエンスがまた1歩進化、今度は「タオルを折れるロボット」が誕生 - DNA

「人類史上最強」のボウリング・ロボットが人間のボウラーに負けた意外な理由 - DNA

空中で静止・映像送信が可能な体長わずか16cmのハチドリ型偵察ロボット - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧