ネット・PC

Googleストリートビューの画像からパノラマ球体をリアルタイムに表示するWebアプリ「Streetview Stereographic」


Googleストリービューの画像データをステレオ投影したパノラマ球体をリアルタイムに表示するWebアプリケーションの紹介です。小さな地球のようなパノラマ球体がインタラクティブに動作するため、ついつい時間を忘れて遊んでしまいます。

「Streetview Stereographic」はこちらのリンクから。世界の様々な場所がランダムで表示されます。右側の地図上のバルーンの場所の画像が、左側にステレオ投影されて表示されます。
notlion.github.com/streetview-stereographic

使用方法はとても簡単。を↑←↓→キーで地図の位置を移動させることで、左パネルのパノラマ球体も変化してきます。また、右パネル下部にある検索ボックスで好みの地名などを検索し、地図上に表示されたバルーンをドラッグ&ドロップで操作することで見てみたい場所をパノラマ球体で見ることができます。

パノラマ球体のサンプル画像です。この他、ビルと看板がにぎやかな香港などもオススメです。

渋谷 東京

ニューヨークブロードウェイ 144

ロサンゼルス, カリフォルニアハーバー・フリーウェイ

England

Ryan Alexander氏が作成したこのWebアプリケーションは、Googleストリートビューはもとより、WebGL、Shader Toy、Panoramic Explorerを利用して実現しています。また、Githubでソースコードが公開されています。
notlion/streetview-stereographic – GitHub

関連記事

プロが「Googleストリートビュー」から厳選した幻想的な風景写真15枚 - DNA

有名ミュージシャンたちのアルバムジャケットの撮影場所をGoogleストリートビューで比較 - DNA

Googleストリートビューで見かけた9個の奇妙な風景 - DNA

旅行者と地元の人の行動パターンの違いが一目でわかる世界の大都市地図 - DNA

世界各国間での移民状況データをHTML5でビジュアル化した世界地図サイト「MigrationsMap.net」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧