エンタメ

無人攻撃機のパイロットを取り巻く「普段の生活」を描く映画「Unmanned」予告編


昔は戦争というと、故郷から遠く離れた地で長い時間を過ごすことを意味しました。今は違います。アメリカの無人機部隊の人々は毎朝家から基地に「出勤」し、何千キロも離れた空に浮かぶ無人機を使って戦争を行います。そんな毎日戦争と日常を行き来する彼らと家族の人間関係を描いたのが映画「Unmannned」です。


UNMANNED Official Trailer 2 – YouTube

あらすじ:

リック・クレイフィールドはカリフォルニア・モハベ砂漠の空軍基地で勤務する無人機オペレーター。最近熱心な勤務態度によって、新兵募集の広報担当に選ばれた。リックは、家から出勤する兵士が普通の生活を送りながら、同時に戦争に参加できるという証人なのである。

しかしある日、彼は自分が攻撃した市民の死体の写真を見てショックを受ける。その日から自分の兵士としての役割と、家に帰ってからの父親・夫としての役割のバランスをとるのにあがき続けることになる。無人機による戦争を賞賛することが難しくなり、そしてとうとう引き金を引くことができなくなった……。

メディアからは批判にさらされ、同じ軍の中でも新参者として仲間はずれになり、そして家族と毎日顔を合わせるのに仕事の話をすることができず、しかし家族の一員としての役割を求められる。こうした環境に適応できない無人機のオペレーターのPTSD問題については、やっと最近注目されるようになってきました。

監督のケイシー・クーパージョンソンは、当初ドキュメンタリータッチで批判的な描写の映画を作ろうとしていたようですが、制作を通じて兵士と家族の間にある問題に注目するようになったそうです。

制作にあたっては、軍が公開しているフィルムから無人機視点の映像を合成。インディペンデントの低予算映画としては非常にリアルな映像となりました。「バベル」や「ロスト・イン・トランスレーション」のような現代の断絶を描き切る映画となるでしょうか。

ソース:Unmanned | An AFI Film

関連記事

「ほぼドキュメンタリー」な特殊部隊SEALs映画「Act Of Valor」予告編第3弾、隠密上陸シーンが追加 - DNA

アフガニスタンのアメリカ兵を描くドキュメンタリーフィルム「Hooligans At War」予告編 - DNA

江戸時代のオーバーテクノロジー「からくり人形」を捉えたドキュメンタリー「Karakuri」 - DNA

史上最も頑丈なゴミ捨て場、核廃棄物処理施設の建築工事を追うドキュメンタリー「Into Eternity」予告編動画 - DNA

アヤシイ仮説「セクシーな女性ほどラクに生きていける」を検証する動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧