科学と技術

ほんとに音は消える?銃につけるサイレンサーの効果がよくわかる動画


銃口につける黒い筒「サイレンサー(サプレッサー・減音器とも)」は、いかにも殺しのウェポンというイメージですが、実際のところどれくらい音が消えるのでしょうか。同じ銃を使って比較したのがこちらの動画。違いがよく分かって面白いです。

ちなみに呼び方は「サイレンサー」も「サプレッサー」も「消音器」も「減音器」も全部正解です。理由はこちらから
SILENCED NIGHTHAWK 1911 – YouTube

まったく音がしなくなる、というレベルではないもののサイレンサーをつけた後では周りに響くエコー音が大きく減っているのが分かると思います。銃声の正体は火薬が爆発するときの衝撃波。サイレンサーはこの衝撃波を一旦受け止めてゆっくり外に出すことで、音を減少させる働きをもっています。なので横から火薬ガスが漏れるリボルバーでは、サイレンサーはあまり意味がないわけですね。

もっともっと音を減らしたい場合は、音速を超えない特別な弾丸(サブソニック弾)を使ってさらに衝撃波を減らすという工夫も行われますその時は弾の威力も減ってしまうのでどうしても敵に近づく必要があります。

的に当たると粉々になる弾を使った実験。スチール板に当たっても跳ね返ってくることなく危険が少ない弾となっています。

最後はいつもの曳光弾でシメ。

もちろんサイレンサーが使えるのはピストルやライフルだけではありません。こちらは。これを持ってウロウロするわけではなく、研究施設などで周囲への騒音を抑えるのに使われます。

屹立するサイレンサー。いわゆるひとつのネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲っぽい形状。

横のふくらみにはちゃんと意味があるのです。

ふくらみをはずすとこんな感じに。砲口についたマズルブレーキから横に飛び出るガスを受け止める役割があるわけですね。

本当に音も無く殺したければナイフやその他の方法もあるわけで、実際のところはある程度距離をとって、撃った場所がバレないようにするような使い方がほとんど。ちょうど車やバイクのマフラーのような感じと考えるのが無難でしょう。

関連記事

本当によく見る「サイレンサー」あるいは「サプレッサー」に関する質問まとめ - DNA

「銃声を抑えるあの部品」の名前は「サイレンサー」と「サプレッサー」のどちらが正解か - DNA

米海軍情報機関の調査員、約200倍の値段で軍に「サイレンサー」を購入させた容疑で調査 - DNA

刺したものを爆砕できる「WASPナイフ」や暗殺用の「消音拳銃ナイフ」など、世界の珍しいナイフいろいろ - DNA

ウクライナで行われた「国際ボディーガードコンテスト」の画像 - DNA

「ほぼドキュメンタリー」な特殊部隊SEALs映画「Act Of Valor」予告編第3弾、隠密上陸シーンが追加 - DNA

職人がものすごい手作業で銃を密造しているフィリピン・ダナオの「密造銃集落」の画像 - DNA

ハンドガン2丁分の火力と、ダットサイトによる精度を両立させるアタッチメント「ドッペルグロック」 - DNA

リビア内戦の反体制派が使用する手作り感溢れるDIY兵器いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧