科学と技術

箱から出してすぐ時速160kmで走らせられるラジコンカー「XO-1」


以前、DNAで世界最速のラジコンカーをご紹介したことがありますが、あれはカスタムにカスタムを重ねた一品ものの特注品。こちらの「XO-1」は大量生産され、箱から出せば誰でも時速160kmのスピードを楽しむことが可能です。


Traxxas社の「XO-1」は市販モデルとしては恐らく世界最速となる時速100マイル(160km)で走れる電気ラジコンカー。時速100kmまで加速するのにわずか2.3秒しかかからず、これはスペースシャトルが打ち上げ時に目一杯加速している時とほぼ同じ数値となります。

Traxxas XO-1 – The World’s Fastest Ready-To-Race Supercar. 100+mph top speed! – YouTube

実車用のサーキットとかショッピングモールの駐車場とかものすごく広い場所でないと実力を発揮しきれそうにないなーというのが欠点といえば欠点。家の中で走らせたら壁に穴があくこと間違いありません。

なお、コントローラー「 TQi」はiPodやiPhoneを接続可能。2.4GHz帯でラジコンカーと通信し、速度や回転数、モーター温度などのデータをリアルタイムでやりとりしたり、プロポの設定を保存できたりするなかなかハイテクなものとなっております。

解説動画はこちらから。メーターが動くのが実にかっこいいです。
Traxxas TQi Radio System with Docking Base and Traxxas Link Application – YouTube

お値段1100ドル(訳8万5千円)と頑張れば買えてしまいそうな設定が実に悩ましいところ。レースで速いかどうかはちょっとさておき、これは是非とも手にとって遊んでみたいオモチャです。

ソース:Traxxas – XO-1 (#6407) – Overview | traxxas.com

関連記事

世界最速、時速260kmで走行するラジコンカー「Schumacher Mi3」 - DNA

ドラマ過剰?ワルシャワの暴動の様子をラジコンヘリで空撮した動画 - DNA

地面を這い回るゾンビを完全再現したラジコンの動画 - DNA

これは爽快、コックピットにカメラを積んだラジコンのF-16戦闘機からの動画 - DNA

空を飛び子ども達に襲い掛かる一反木綿型ゴーストの自作ラジコンの動画 - DNA

[字幕動画]リビア紛争・反体制側勢力の「DIY兵器工場」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧