アートとデザイン

ブータンの修道院で過ごす素朴な少年僧たちの1日を追いかけた写真


「世界で一番幸せな国」と呼ばれるブータンはインドと中国に挟まれた小さな国。伝統文化をとても大事にしていたり、経済的な豊かさではなく「国民総幸福量」で国力を量っていたりするなど、その生活はたくさんの発見に満ちています。そんなブータンの修道院で学ぶ、少年僧達の1日を追いかけてみました。


これはブータン国営の修道院「至上の喜びの寺院」で寝起きする375人の子ども達を追いかけたもの。

朝5時起床、1日平均10時間も経典の勉強をするそうで、画像の中にはとても眠たそうな少年達も写っています。

お祈りと授業の間の休憩時間。

僧衣を着なおす男の子。

6歳の少年。一生懸命字を追いかけています。

物思いにふける少し年上の少年。

ご飯の時間。みんなで並びます。

みんな食べ盛り。

休憩時間にうとうと。

長い読経の後。お疲れの様子。

みんなで眠ってしまいました。

これらの写真はPaula Bronstein撮影によるもの。リンク先ではブータンの風景を撮影した画像も見ることができます。

ソース:A Trip to Bhutan – Alan Taylor – In Focus – The Atlantic

Life Inside A Bhutanese Monastery

幸福大国ブータン―王妃が語る桃源郷の素顔
ドルジェ・ワンモ ワンチュック
日本放送出版協会
売り上げランキング: 1577

関連記事

百花繚乱、いつかは訪れたいアジアの有名な寺院10選 - DNA

世界25の国や地域の1週間で食べる食料とその家族を比較した写真 - DNA

世界中の平均的な家族に家の中の物を全て見せてもらうプロジェクト「Material World」 - DNA

過酷な環境と多彩な文化を持つ、チベットの超美麗な写真40枚 - DNA

少林寺の僧侶が投針術でガラスをぶち破るところをハイスピード撮影で捉えた動画 - DNA

香港航空の女性客室乗務員、酔っ払いの客が増えすぎたのでカンフーが必修に - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧