アートとデザイン

18m一本勝負、アメリカ人最速のマラソンランナーと競争できるデジタル広告の動画


歩幅2.08m、1マイル(1.6km)のタイムが4:42という全米屈指のランナー、ライアン・ホールと実際に競争できてしまうデジタルサイネージ広告が登場しました。


これは、先日行なわれたニューヨークマラソンのプロモーションのため、アシックスが設置したもの。
ASICS Run With Ryan – YouTube

ヨーイドン!ではなく、後ろから走ってくるライアンを迎え撃つ形になるわけですが、多少のチートでは相手になりません。ライアン・ホールはこのペースで42.195kmを走り切ってしまうのですからすごいものです。

ちなみに、ご本人も挑戦。まさかのドッペルケンガー対決。

やっぱり速いです。

関連記事

夢見る女性に「現実に戻れ」と呼びかけるコマーシャルの動画 - DNA

マーベル原作の映画「マイティ・ソー」公式コマーシャルのパロディっぷりが話題に - DNA

お腹のお肉への怒りを的確に表わしたコマーシャル動画「Kill Your Annoying Mini Me」 - DNA

映画館に行ったら周りが全員マッチョなバイカーギャングだった……というドッキリ動画 - DNA

「テーブルクロス引き」が成功した瞬間、とんでもない事件が発生 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧