アートとデザイン

映画「マトリックス」は何から生まれたのかを徹底解剖する動画「Everything is a Remix: The Matrix」


20世紀末の映画「マトリックス」の見たこともないような映像は、各界に大きなショックを与えましたがこの映画のルーツはいったいどこにあったのでしょうか。ドキュメンタリー動画「Everything is a Remix: The Matrix」では、何が「マトリックス」を生み出したのかを詳細な比較映像で考察しています。


Everything Is A Remix: THE MATRIX on Vimeo

「Everything is a Remix(すべては模倣である)」という大変挑戦的なタイトルですが、ジェット・リー主演の「フィスト・オブ・レジェンド/怒りの鉄拳」に始まり、香港ノワールの「男達の挽歌」、「AKIRA」や「攻殻機動隊」といった日本製SFアニメーション、ディックやギブスンといった戦後のアメリカSF作家の作品・コンセプトなど、こうして見ると確かに「あったあった!」というシーンばかり。

芸術家パブロ・ピカソの言葉に「悪い芸術家は模倣し、良い芸術家は盗む」というものがあります。それまでにあったあらゆる創作のエッセンスが結実したという意味で、「マトリックス」は「盗み切った」といえるのではないでしょうか。

「Everything is a Remix」はニューヨーク在住の映像作家、カービー・ファーガソンによるドキュメンタリー映像シリーズ。映画だけでなく音楽などポップカルチャーにおける様々な「リミックス」をとらえ、創作とは何かを考察しています。この「マトリックス」は第4編。過去の3や映像リストは以下のリンクから参照することが可能です。

ソース:Everything is a Remix

関連記事

盗用?リサイクル?「トランスフォーマー3」に過去の映画と同じシーンがあった - DNA

ソフトウェアのライセンスを違法共有サイトに1回アップすると77万4千651回コピーされる - DNA

「Modern Warfare 2」の「あの謎」が明らかにされるファンムービー「Operation Kingfis」 - DNA

一目瞭然、ミュージシャン別・熱狂的なファンの写真集「The Disciples」 - DNA

もしもジェダイの騎士が「どうしようもないクズ」だったら……という動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧