ネット・PC

[字幕動画]iPhone 4Sの目玉新機能「Siri」と「iCloud」そして「iOS 5」を動画でおさらいする


2倍高速なA5プロセッサに大改造された800万画素カメラにGSM/CDMA両対応と、外見そのまま・中身別物を地でいくアップル社の新スマートフォン「iPhone 4S」。ハードだけでなくソフトウェアも新機能たっぷりです。先日のイベント「 Let’s talk iPhone」で明らかになった数々の新機能について、改めて動画でおさらいしてみましょう。


まずは音声認識&タスク処理エンジン「Siri」。単に文章を理解するだけでなく、他のアプリと様々な連携が可能です。

下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。
Apple – Introducing Siri on iPhone 4S – YouTube

 
BGMが盲目のミュージシャン、レイ・チャールズの「What I’d say」というあたりもうまく作られた動画。

次はiPhone 4Sというよりも「iOS 5」の新機能となるクラウドストレージ「iCloud」。最近最もよく聞くワード「クラウド」ですが、アップルは「好きな時に、好きな場所で、好きなものが手に入る」と実に簡潔に説明してくれます。

Apple – Introducing iCloud – YouTube

 
利用は容量5GB(画像データを含まず)までは無料。もっと保存容量が欲しい場合は年間10GB/20GB/50GB追加それぞれについて1700円/3400円/8500円となっています。

iOS自体も200以上の新機能が追加され、大幅にパワーアップされました。

Apple – Introducing iOS 5 – YouTube

 
これら新機能は、実のところ様々な外部のWebサービスで提供されていたものが多く、iOS 5の登場でそれらのサービスが影響を受けるのは必至。「今のままだとちょっと不便だよね」というニッチな需要をガンガン狙い打ちにしてくるあたりにアップル社の徹底っぷりが伺えるようです。

iOS 5のリリースは10/12から。iPhone 3GS、iPhone 4、iPad、iPad 2、iPod touch(第3、第4世代)を対象に無料でアップデートが可能です。

関連記事

アップル、iPhone 4Sを発表、日本ではau・ソフトバンクから発売へ - DNA

iPhoneに一眼レフのレンズを装着できるマウントが登場 - DNA

あなたのiPhoneをバブリーな80年代仕様にしてしまうケース「80s Retro iPhone Case」 - DNA

「デスグリップ」再来、iPhoneのアンテナ問題は「CDMA版」でも改善していなかったことが発覚 - DNA

タフさの象徴、マグプル社製の「iPhone4」ケースがさらにゴツくなってリニューアル - DNA

Appleのソーシャルネットワーク特許が示す「人と人との出会いの未来」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧