世界のびっくりニュース

Google謹製、1993年から現在までのブラウザの進化がよく分かるインタラクティブなインフォグラフィック


インターネットにつながるために必須のソフトウェア「ブラウザ」。普段あまり意識することはありませんが年々その技術は進化しており、バリエーションもMosaicにはじまりNetscape、Opera、Internet Explorer、そして、Safari、Firefox、Chromeとたくさん誕生しています。

そんなウェブブラウザとウェブ技術の進化をまとめたインフォグラフィクスがGoogle Chrome誕生3周年を記念して作られました。

時系列順にとてもわかりやすくまとめられています。
The evolution of the web – ウェブの進化

ブラウザのアイコンやウェブ技術をクリックすると詳細を見ることができます。

Mosaic (リリース:1993年4月22日)

Netscape (リリース:1994年12月15日)

Opera (リリース:1995年4月1日)

Internet Explorer (リリース:1995年8月16日)

Safari (リリース:2003年6月30日)

Mozilla Firefox (リリース:2004年11月9日)

Google Chrome (リリース:2008年12月11日)

ソース:Google Japan Blog: Chrome が 3 歳になりました!

関連記事

人類とIE6の戦いについに終止符、マイクロソフト社が告知サイト「ie6countdown.com」をリリース - DNA

初代から最新の「9」まで、Internet Explorerのレンダリングエンジンを試してみた動画 - DNA

あのトラウマがよみがえる……!Internet Explorerの「あのエラー」をJavaScriptで見事に再現 - DNA

Webコンテンツのメインを張るのはFlashかそれともHTML5か、とうとうブラウザ上で「直接対決」が実現 - DNA

無料で簡単に画像データを最適化、がっつり容量を削減できるウェブアプリやフリーウェア26個 - DNA

可愛すぎる「FireFoxで予期せぬWindowsエラーが発生しました」動画が海外ネット掲示板で人気に - DNA

縦横にスクロールしないと表示できないような巨大なWebページでも楽々キャプチャできるFirefoxアドオン「Screengrab」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧