世界のびっくりニュース

13台のスーパーカーで公道レースを行なっていた高校生集団、警察に補導されて車も没収


カナダ南西部のバンクーバーで「時速200kmで公道レースを行なっていた」として、13人の高校生が警察に補導されるという事件がありました。13人はいずれもフェラーリ、ランボルギーニといった超高価なスーパーカーに乗っており「成金ってやっぱりアホなんだ」と話題を呼んでいます。


警察に没収されたのはフェラーリ・599、ランボルギーニ・ガヤルド3台、アウディ・R8、日産・GT-R3台、マセラティ・ツーリズモ2台、メルセデス・SL63、メルセデス・SLS、アストンマーチン・DB9の13台。ほとんどの車は親のもので、運転者の名義になっていたのは1台だけだったそうです。

しかもほとんどが初心者を表わすNマークつき。

地元住民の通報を受けて歩道されてしまった高校生。地元の有名私立高校の生徒と言われています。警察によると「どこかに食事をしにいく途中の遊びのレースだったようだ」とのことです。

車は7日間没収となりました。

なんで人間お金を持つとこういうアホな遊びを覚えてしまうのでしょうか……。ちなみに罰金は一人たったの196ドル(約1万5千円)。もし事故でも起こしていればこの数百倍の被害が出ていたかもしれないわけで、なんとも理不尽な話です。

ソース:Thirteen rich young drivers fined $196 after ‘recipe for disaster’ street race

伝説の「スーパーカー」がよくわかる本 (PHP文庫)
ブレインナビ
PHP研究所
売り上げランキング: 215721

関連記事

「何この成金、感じ悪っ……」と批判を呼んでいた1枚の写真 - DNA

被害総額がいったいいくらになるのか想像もつかない交通事故の画像 - DNA

可変ウィングを採用した超高級スーパーカー「Zonda Pagani C9 Huayra」 - DNA

ランボルギーニ最新最強のスーパーカー「アヴェンタドール LP 700-4(Lamborghini Aventador)」が誕生するまでの動画 - DNA

スーパーカー「アウディ・R8」をトラックがわりに使う人がいた - DNA

偏執的なまでに細かい設定が可能な自動車工場運営ゲーム「Automation」が開発中 - DNA

ドゥカティのエンジンを搭載した超軽量スーパーカー「Spartan V」 - DNA

「ガルウィングドアの車が横転したらどうやってドアを開けるの?」という疑問に答える動画 - DNA

12気筒・4万2千ccのエンジンを搭載し時速260kmで走るベントレーの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧