アートとデザイン

世界各国の名前の由来がぎっしり詰まった世界地図


世界中には200以上もの国々が点在してますが、その国一つ一つに名前、国名が存在しています。例えば、「日本」の場合、大陸の東側に位置しているため、太陽が昇る国(Land of the Rising Sun)という由来があります。そんな、国の名前の由来がぎっしり詰まった世界地図の紹介です。

日本は「Land of the Rising Sun」。

ちょっと気になるのは古代メソポタミア文明の地を受け継いでいるイラクの国名の由来「自由の国(Land of the Free)」。

オーストラリアは、「未知の南の土地(Unknown Southern Land)」。そのままな感じがします。

北米のカナダは、「村(Village)」。もうちょっと工夫が欲しかった。

南米のブラジルは、「赤い森(Red Wood)」。アマゾンの雰囲気が漂っています。

インドは河(river)、アルゼンチンは銀(silver)、イタリアは雄牛(bull)など、まだまだたくさんの気になる由来やなぜと思ってしまう由来などがあります。

こちらのリンクから4500×2234の巨大な世界地図を見ることができます。

関連記事

旅行者と地元の人の行動パターンの違いが一目でわかる世界の大都市地図 - DNA

世界各国で最も人気のある自動車が一目でわかる世界地図 - DNA

女性のカップ数や男性自身のサイズで世界地図を塗り分けるとこうなる - DNA

1945年から1998年までに発生した核爆発を地図上に表示する動画「1945-1998」 - DNA

世界各国どんな国でも何かしらの世界一ということがよくわかる世界地図「International Number Ones」 - DNA

世界中の科学者どうしのつながりを可視化した世界地図サイト「collabo.olihb.com」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧