ネット・PC

世界各国間の移民状況をHTML5でビジュアル化したWebサービス「peoplemovin」


国と国との人口移動の規模をとてもわかりやすくビジュアル化したWebサービス「peoplemovin」の紹介です。また、HTML5やCANVASなどの技術を使ってグラフィカルなサービスを実現しています。

左側の軸が移民元の国、右側の軸が移民先の国となっています。

日本から海外への移民状況です。やはりアメリカが1位。次いでブラジルとなっています。

海外から日本への移民状況。中国、韓国から大人気なのがわかります。

アメリカへの移民はこんな感じです。メキシコが桁違いに多いようです。

最後に中国から世界への移民状況です。香港、アメリカがトップ2。次いで日本のようです。

左右の軸は国名がアルファベット2文字と簡略化されていますが、マウスを上に置くと国名が表示されます。

ソース:peoplemovin – A visualization of migration flows

関連記事

「もし世界が100人の村だったら」をかわいいイラストで表わしたインフォグラフィクス - DNA

自分の土地を持たず今も世界中をさまよい続ける「ジプシー」たちの写真20枚 - DNA

びしっ!とキレイに分かれているアメリカ・メキシコ国境の写真25枚 - DNA

世界25の国や地域の1週間で食べる食料とその家族を比較した写真 - DNA

献立や盛り付け方など国によって違いがよくわかる世界20カ国の学校給食一覧 - DNA

過去約100年の間に世界中で発生した巨大な地震10選 - DNA

1800年代後半から現在まで、信じられない程の規模で噴火している世界中の火山写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧