科学と技術

究極の体感ゲーム、実際に運転・走行できる「アウトラン」が登場


レースゲームが運転できるのは当たり前、ですがおそらく世界で最も精密かつリアリスティックなドライブ体験が出来るゲームはこの「ほんとに走るアウトラン」だけでしょう。ゲームの画面に合わせて実際に筐体が走るという逆転の発想です。


目の前にゲーム画面があるのにどうすれば走れるのか。秘密はこちらの2台のUSBカメラ。

前方の道路を撮影、認識しレースゲーム「アウトラン」風の画面にレンダリングしなおしているのです。

そのまま正面の風景をスクリーンにうつせばいいんじゃないの?と言う人もいるかもしれませんが、それだとただ筐体に車輪をつけただけの危険な乗り物になってしまい意味がありません。

普段私たちが遊んでいるゲームは「ゲームの内容を現実に近づける」努力がされていますが、逆にこの「ほんとに走るゲーム」は「現実をゲームに翻訳している」のです。こうすることで、「アウトラン」の持つ爽快感はそのままに横Gや揺れなど物理要素だけをゲームに取り込むことができるのです。

将来は自転車を物理要素発生装置にしたLiteバージョンもリリースするかも、とのこと。

動画はこちらから。
‪OutRun: Augmented Reality Driving Video Game‬‏ – YouTube

ソース:OutRun – Garnet Hertz

バーチャルボーイ (本体) 【バーチャルボーイ】
任天堂 (1995-07-21)
売り上げランキング: 18324

関連記事

レクサスが誇る世界最先端の運転シミュレーターのムービー - DNA

プリンターの新たな可能性を追求するレースゲーム「Receipt Racer」 - DNA

全速力でチリの街の狭い坂道を駆け下りる怖すぎる自転車レース「Valparaiso Cerro Abajo」 - DNA

マン島のやたら狭い道路を猛スピードのスバル・WRX STIで駆け抜ける動画 - DNA

全長6メートルの巨大マルチタッチディスプレイで大艦隊戦が楽しめるゲーム「Fleet Commander」 - DNA

「エースコンバット4」のエンジンで作られた「ゼビウス」幻の続編の動画が公開 - DNA

「お父さんから『ママには内緒だぞ』って言われた時のこと教えて」という書き込みに集まった感動的なエピソードいろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧