世界のびっくりニュース

これぞお役所仕事、と呼ぶべき素晴らしい道路工事の写真


なんでもかんでも規則と手順づくめで融通がきかず、そのくせ効率がちっともあがらない仕事の進め方を「お役所仕事」とからかったりしますが、この道路工事はかなり究極のお役所仕事の姿のような気がします。


なんと駐車違反の車をよけるようにして道路の整備工事を始めてしまいました。

言われたことをやっているだけですが何か」というメッセージが突き刺さってくるようです。

事件があったのはイギリス中央部のウスターシャー。25年前に舗装された道路を改修するための工事で、事前にスケジュールも告知されていました。

駐車されていた車は2週間ほど前からそこにあったそうで、周辺住民の持ち物ではないとのこと。現在は撤去され、未補修の部分もきれいにアスファルトで埋められたそうです。

行政側は「工事を遅らせることも出来たが、工期を伸ばすことになり市民に迷惑をかけることになると判断して強行した」とのこと。役所の人も色々と大変ですね。

ソース:You missed a spot: Council workmen spend two days laying 300ft of Tarmac… around one parked car | Mail Online

関連記事

アメリカの裁判所にネコが陪審員として召喚される、欠席の連絡は「却下」 - DNA

デトロイト名物・ロボコップの銅像は「建てる予定が無い」と市長がTwitterでコメント - DNA

「デトロイトにロボコップの銅像を!」運動に約480万円の募金集まる - DNA

「ロシア政府はLinuxを導入せよ」プーチン首相が命令書にサイン - DNA

語られない「震災」-復興を支援する「ヤクザ」達の存在を海外メディアが報道 - DNA

バッキンガム宮殿で「女王陛下の皿洗い」募集中、年収約190万円・出張あり - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧