アートとデザイン

禁断の迷宮、ニューヨークの地下鉄トンネルを無許可でさまよい歩く動画「UNDERCITY」


誰が描いたか分からないグラフィティや暗闇にうごめく住人……まさに迷宮と呼ぶにふさわしいたたずまいをもつニューヨークの地下鉄やトンネルや鉄橋の通路をさまよい歩く映像がこの「UNDERCITY」。色々な意味でニューヨークを下から見上げたドキュメンタリーとなっています。


「一切許可をとっていない」ということで、しょっちゅう隠れたり逃げたりコソコソとトンネル内を探検していきます。
YouTube – UNDERCITY New York City urban exploration w STEVE DUNCAN, dir. Andrew Wonder

ニューヨーク市の地下鉄はアメリカ国内でも屈指の複雑さを持ち、2駅を除く466駅で24時間運行を行なっているまさに街の血管とも言うべき交通手段。システマチックに運用されているかと思えば……ものすごいカオス空間がひろがっていました。

関連記事

サンフランシスコ沖に浮かぶ「幽霊艦隊」の写真いろいろ - DNA

ロシア・キエフの「戦車の墓場」に積み上げられた冷戦時代の亡霊達 - DNA

廃墟となって静かに時を刻むニューヨークの古い劇場「キングス・シアター」 - DNA

モノクロームなのに活気が伝わってくる1930年代半ばのニューヨークの画像 - DNA

1930年ごろに撮影されたロシアの首都モスクワの美しい着色写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧