世界のびっくりニュース

Windows、Apple、Linux、それぞれのトラブル対処方法を比較してみる


パソコンは使っているうちにどこかが故障してしまうものですが、使っているOSによってユーザーのできることは変わってきます。現在、主に使用されているWindows系、Apple系、Linux系それぞれについて、致命的なエラーが発生してしまった場合の対処方法を比較したインフォグラフィックスです。

Windows


ステップ1:

Windowsを再起動します

それでも復旧しない場合は、ステップ2へ。

ステップ2:

ハードディスクをフォーマットして、Windowsを再インストールしましょう。
※ただし、全てのデータは失われます。泣きましょう。

Apple


ステップ1:

アップルストアへ持っていく

それでも復旧しない場合は、ステップ2へ。

ステップ2:

新しいMacを買いましょう。
そしてうっかりアカウントを書き換えてしまって泣くことになります。

Linux


ステップ1:

まずは、C++を習得します。
そして、カーネルをリコンパイルします。
………
………
………

それでも復旧しない場合は、ステップ2へ。

ステップ2:

WindowsかMacを使う事をおすすめします。泣きましょう。

細かいところまでいじれる分、際限がないですね……。

結論:大事なデータのバックアップは別にとっておく

これに尽きると思いました。

ソース:How to fix any computer – The Oatmeal

関連記事

初代Windows1.0から最新のWindows7まで、順番にアップデートすると何が起こる? - DNA

「これが内蔵Blu-rayだよ」とWindowsがMacをおちょくるCMを放映開始、マイクロソフトの逆襲始まる - DNA

MacBook Air購入検討者は「見てはいけない」、魅力たっぷりの実機レビューページ総まとめ - DNA

初代から最新の「9」まで、Internet Explorerのレンダリングエンジンを試してみた動画 - DNA

CUI環境のLinuxでDropboxを動作させる方法 - DNA

「ロシア政府はLinuxを導入せよ」プーチン首相が命令書にサイン - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧