世界のびっくりニュース

幼稚園の外で銃撃戦、子どもを落ち着かせるために歌を歌い続けた保母さん


メキシコでは麻薬カルテルの勢力が非常に強く、街中での殺し合いが日常となってしまっています。ある日幼稚園のすぐ外で銃撃戦が発生。子ども達を床に伏せさせた保母さんは恐怖を押し殺し、いつもの歌を歌ってみんなを落ち着かせます。


時折聞こえる銃声が恐ろしい動画です。
YouTube – En un kinder en La Estanzuela, mayo 27 del 2011

これは先日、メキシコの幼稚園の外で銃撃戦が起こった時偶然撮影されていたもの。麻薬の密売人どうしの争いが建物の外で発生したため、窓から飛び込む流れ弾に当たらないよう子ども達を床に伏せさせました。

そして保母さんは、子どもを落ち着かせるために歌を歌い続けます……保母さんも怖くて仕方なかったのだと思いますが、気丈に歌い続けているところに教育者の魂を見る思いです。

関連記事

たった2人の使用者どうしの仲が悪いためにメキシコの「アヤパネコ語」が絶滅の危機 - DNA

びしっ!とキレイに分かれているアメリカ・メキシコ国境の写真25枚 - DNA

メキシコの麻薬カルテルは武装しすぎ - DNA

メキシコの麻薬カルテルと公的機関の相関図が巨大すぎて大変なことになっている - DNA

世界25の国や地域の1週間で食べる食料とその家族を比較した写真 - DNA

まさに「ランボー」アフガンのグルカ兵がたった1人でタリバン兵との大銃撃戦を制す - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧