世界のびっくりニュース

やっぱり危険だった……あの「ブブゼラ」が健康に悪影響を与えることが改めて明らかに


「ヤンキーの駆るスクーター」「お腹が緩くなった人がトイレに駆け込んだ数瞬後」など、音が大きすぎてさんざんに批判された南アフリカの楽器、ブブゼラですが、2012年のロンドンオリンピックに向けての調査で、健康に悪影響を与える可能性が判明しました。


ロンドン大学衛生熱帯医学校が行なった2012年のロンドンオリンピックに向けての調査で判明したところによると、ブブゼラによってウィルスが相当な量飛散する危険があることが分かりました。

ブブゼラは唇の「ブルブルブル……」という振動を増幅するもので、1秒で400万個もの唾液の粒子を飛ばします。8人のボランティアが吹くブブゼラからの粒子をレーザーを使って精密に測定したところ、平均で空気1リットルあたり65万8千個もの粒子が飛散していました。これは普通に大声で叫んだ時の180倍の量となり、結核やインフルエンザといった危険な菌が肺の奥まで届くのに十分な量となっています。

研究チームのマクナーニー博士によると「ブブゼラを吹く人がたくさんいるようなイベントでは、終了までに相当な量の粒子を吸い込むことになる」とのこと。「セキやクシャミ対策と同じで病原菌を飛ばさないことが大事。風邪などの病気の人はブブゼラを吹かないよう注意してほしい」と「ブブゼラのマナー」が大事であるとコメントしています。

もちろん非常に大きな音による難聴にも注意が必要。当時も相当な批判が出ましたが、その反省を生かして楽しくオリンピックを盛り上げたいものですね。

ソース:PLoS ONE: Propagation of Respiratory Aerosols by the Vuvuzela

BBC News – Vuvuzelas ‘may spread diseases’

関連記事

スーパーバイク「Ducati 1198S」のマフラーにブブゼラを無理やり装着した動画 - DNA

アルゼンチンのサッカーの試合で選手全員に計36枚のレッドカード - DNA

サッカーの試合中、地元チームのファンが死んだ仲間を棺桶ごと運んできて大騒動に発展 - DNA

その速さ、世界最速級……サッカーのゴールキーパーがフィールドの反対側から自分のゴールを救う動画 - DNA

個性と魅力が爆発、マラドーナ監督の見ているこっちも楽しくなってきそうな写真 - DNA

ワールドカップの予想師「タコのパウル」逝く、2世は既に待機中 - DNA

世界的に有名なサッカー監督の年棒トップ10 - DNA

サッカー界のスーパースター、デビッド・ベッカムに何となく同情してしまう連続写真 - DNA

2022年のサッカー・ワールドカップに超巨大飛行物体が出現する可能性が高まる - DNA

自分をレイプした男を応援しなかったチアリーダーが4万5千ドルを払わされる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧