アートとデザイン

乾燥した荒野の中に際立つ青、アフガニスタン・マザーリシャリーフに建つ「ブルーモスク」の画像


「青のモスク」というとイスタンブールのものが有名ですが、中近東では青い釉薬の原料となったコバルトが多く産出したことから、各地で青いタイルを用いた美しい建造物を見ることができます。「聖なる墳墓」の意であるアフガニスタン第4位の街、マザーリシャリーフにあるものもその1つ。まさに異国の色彩です。








こうして青いタイルが多く作られるのは、コバルトが多く産出したことのほか、タイルを焼く温度が低くて済み、技術的に簡単であったこともあげられます。でもこの写真を見ると、乾燥した岩山がつづく風景の中にまったく違う色が欲しかったのかな……と遠い昔に思いをはせずにはいられませんね。

ソース:Blue Mosque of Mazar Sharif Afghanistan

関連記事

同じアングルで撮影された観光名所の写真を数百枚重ねた幻想的な画像集「Photo Opportunities」 - DNA

世界のCASIO製、イスラム教徒用お祈りアラーム&コンパス付き腕時計「CPW-310-1」 - DNA

1920年ごろのエジプトを撮影した貴重なカラー写真46枚 - DNA

スペイン・カタルーニャ地方の超絶人間タワー祭り「カステーリャル」の動画 - DNA

地面が切り取られたかのような世界のすごい崖10選 - DNA

世界一の人口密度、バングラデシュに集まるムスリムの人多すぎな礼拝の風景 - DNA

白い壁と青い屋根と碧い海、エーゲ海に浮かぶサントリーニ島やミコノス島の美麗な風景写真いろいろ - DNA

悠久の歴史を持つ古都イスタンブールのガラタ橋やモスク、バザールの風景 - DNA

19世紀末の北欧の古い町並みやフィヨルドの風景を収めた貴重なカラー写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧