世界のびっくりニュース

使い過ぎてボロボロになってしまったホルスターはとても危険


アメリカでは銃の「所持免許」に加えて、州によっては「携帯免許」を発行しているところがあり、これを取得することで誰でもホルスターやウェストポーチで銃を携帯することができるようになります。それだけ銃というのが身近な社会ではありますが、時にはこんな事故が起こることもあるようです。


事故が発生したのは、アメリカ・ギャルコ社の「JAK SLIDE」ホルスター。体に密着するデザインのため周りから銃が見えにくいという利点がアダとなりました。
Leather Holster AD 01 | Flickr – Photo Sharing!

使い込まれ過ぎて、ホルスターの一部が引き金にかかってしまっています。
Leather Holster AD 04 | Flickr – Photo Sharing!

車に乗った際、ホルスターか銃が圧迫されて引き金が引かれてしまい、車の床まで弾が突き抜けてしまいました。
Leather Holster AD 03 | Flickr – Photo Sharing!

引き金に安全装置が組み込まれたグロックならではの特殊なケースという見方もできますが、同じような事故はエアガンでも十分起こりえます。普段のメンテナンスに注意を払うようにしましょう。

ソース:SAFETY WARNING! Worn Leather Holsters Can Cause Accidental Discharges!

関連記事

モジュラーレシーバーシステムを採用したコルト社の新型自動小銃「CM901」がデビュー間近 – DNA

新作FPS「Battlefield 3」の徹底的な銃声レコーディングの風景 – DNA

ハンドガン2丁分の火力と、ダットサイトによる精度を両立させるアタッチメント「ドッペルグロック」 – DNA

シュアファイア社の「アサルトライフル用100連マガジン」プロモーション動画 – DNA

軽量な樹脂製薬莢がライフル用弾薬向けに2011年からリリース予定 – DNA

様々な拳銃やアサルトライフルの内部をCTスキャンで撮影した画像色々 – DNA

現代の悲劇、崩壊したソマリアで銃をとり戦う少年兵の画像 – DNA

職人がものすごい手作業で銃を密造しているフィリピン・ダナオの「密造銃集落」の画像 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧