科学と技術

インドの街並みを美しく描いたバイクメーカー「Royal Enfield」のCM動画


インド有数のバイクメーカー「Royal Enfield」のコマーシャル動画です。活気あふれるインドの街並みが美しく描かれており、ちょっとほろっとしてしまうかもしれません。バイク職人の手業も必見です。


YouTube – Royal Enfield Film 2011

「Royal Enfield(ロイヤルエンフィールド)」はもともと1893年のイギリス発祥のバイクメーカー。インドの生産拠点が1955年に独立したものが元となっている企業です。

ロイヤルエンフィールドのバイクは丈夫で簡単な構造をもち、修理しやすい大衆の足としてインドでは広く普及しています。最近は、インド経済の発展によって富裕層が増えたため、高級な輸入車と競合する製品もラインアップに入ってきましたが、基本的には古きよき時代の設計のまま、手作りで生産が続けられています。

タンクのストライプを描くこの手つき!「スプレー塗りとは線の勢いが違う」とこだわる人も多いようです。いかにもクラシックなスタイルやエンジン音で、日本でも人気のメーカーです。

ちなみに一瞬看板が映り込んだ映画はおそらくこれ。インド映画史上空前絶後の大ヒットとなったSFロボットアクションムービー「エンディラン」。ハリウッド映画に慣れた頭にガツンと来る怪作です。

Best Action Scenes Ever!!! (Indian Robot Endhiran) – YouTube

ソース:Royal Enfield: Short Film | Ads of the World™

関連記事:

本物のクラシックバイクメーカー「Royal Enfield」が2車種のモデルチェンジを発表 – DNA

世界のオークションで最も高く売れた歴史的なバイクトップ20 – DNA

100年以上前に製造されていたビンテージ・バイクいろいろ – DNA

過去と未来の融合、クラシックレーサーを電動バイクにコンバートした「Volta」 – DNA

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 – DNA

流線型のグラマラスなカウルがかっこいいカスタムバイク「1930 Art Deco Henderson」 – DNA

アストン・マーチンのV12エンジンで425馬力・時速400kmでかっとぶチョッパーバイク「V12 Aston Homer」 – DNA

世界で最大、2千ccの単気筒エンジンを持つバイク「NSU BISON 2000」 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧