アートとデザイン

ホームシックの特効薬「正統派・ウシ小屋の香り」を提供する缶詰めが登場


匂いと記憶は密接に結びついているそうですが、この缶詰の匂いをかぐ時人はいったい何を思い出すのでしょうか。牛小屋の「あの匂い」を閉じ込めた缶詰が、1つ6ユーロ(約690円)で発売されました。


制作したのは。自身もドイツの片田舎出身のデザイナー、ダニエラ・ドレルさん。イナカから都会に出てきたはいいものの、故郷のイナカが懐かしい人が主な顧客になっているそうです。

匂いの採取には、綿を利用。牛小屋につるし十分に匂いがしみこんだところで缶詰めにするのだとか。現在「ワラ」「干し草」「豚小屋」などのバリエーションが計画されているそうです。

こちらはドイツ・ハンブルグに住む学生のカーチャさん「シャルボイツァーの馬の匂いを思い出します」とのこと。概ね好評なようです。

残念ながらドイツ・オーストリアのみの販売だそうです。是非ローカライズして日本でもリリースして欲しいところですね。
Stallduft – Original Stallgeruch aus der Dose

ソース:Cow fart cans offers ‘authentic smell of countryside’ | Metro.co.uk

Eklig oder lustig?: Kuh-Gestank aus der Dose | Panorama - Hamburger Morgenpost

関連記事

ホットドリンクを入れても手を火傷しない紙コップ「Heatswell」 – DNA

すごくエネルギーを回復できそうなロックマンの「E缶」マグカップ – DNA

世界最古の航空母艦、テームズ川のほとりで腐りかけていたのを発見される – DNA

ゴミを捨てるのが楽しくなってしまう「世界で一番深いゴミ箱」 – DNA

SM専門誌にぴったり?「ムチ」を使って作るちょっと痛そうな広告 – DNA

凍った沼の上で立ち往生した小牛をヘリコプターを使って助ける意外な方法 – DNA

ホテルの廊下で少女が仕掛けたホラー過ぎるイタズラ – DNA

[閲覧注意]街角のATMに仕掛けられたイヤ過ぎるドッキリが海外ネット掲示板で話題に – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧