世界のびっくりニュース

患者の心を開くために女医が1枚ずつ脱いでいく究極の心理療法「ネイキッド・セラピー」


セラピストとの会話による心理療法セッションでは、患者がセラピストに対してなかなか心を開くことができず、時間がかかってしまうことがあります。そこでイギリスの24歳女性セラピスト、サラ・ホワイト先生は「患者に心を開いてもらうために1枚ずつ脱ぐ」という史上空前の技「ネイキッド・セラピー」を考案、話題を呼んでいます。


サラ先生のセッションはまず着衣ではじまります。

最初は緊張している患者。やはり「診察を受けている」という抑圧感はあるようです。

会話が進行するにつれて1枚ずつ服を脱いでいくサラ先生。

「1枚脱ぐごとに、患者さんも自分の心を開いていくように感じる」そうです。

この「ネイキッド・セラピー」によって伝統的な手法よりも、問題の核心により速く、効率的に近づくことができるとサラ先生は主張しています。

30人のクライアントのうち、ほとんどは男性とのこと。いきなりこうして面談するわけではなく、まずはWebカメラを使ったオンラインでのセッションを数回行い、親密な関係を築くことができれば実際のセッションに移行することになります。

ちなみにサラ先生は、大学で心理学を専攻してはいますが、セラピストとして認可されているわけでもなければ「ネイキッド・セラピー」が何かしらの効果を認められているわけでもありません。

プロフェッショルの間では問題とする声も多く、ニューヨーク在住の心理学者、ダイアナ・クリシュナは「(ネイキッド・セラピーは)インタラクティブなソフトポルノだ」と強く批判しています。

動画はこちらから。
Sarah White_Naked Therapist – YouTube

公式サイトでは、オンラインで受診の予約が可能となっている他、モデルとしても活動の記録などもあり見ごたえのあるものとなっています。
Sarah White Live

ソース:Bare your soul: Meet the naked therapist who solves patients’ problems by stripping off during sessions | Mail Online

関連記事

患者の痛みを紛らわせるため制服に谷間を強調する民族衣装を採用したドイツの歯科医院 – DNA

ロサンゼルスで公開されたセクシーな「アニメ・バーレスク」の画像色々 – DNA

南米アルゼンチンで開催された「ミス・ポールダンス2010」の芸術的かつ官能的な写真 – DNA

いきなり金髪美女が車道でストリップショー、道路は混乱状態で通行不能に – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧