アートとデザイン

SM専門誌にぴったり?「ムチ」を使って作るちょっと痛そうな広告


相手をいじめたいサディストと、いじめられたいマゾヒスト……相反する2者が惹かれあった到達点がいわゆるSMな訳ですが、そんなSMを扱う雑誌にぴったりの広告を作れるのがこの「ムチ」。1発叩けばくっきりと広告が浮かび上がります。


これがその「ムチ」。オランダのSM専門誌「Massad」が作ったもの。

これで一発ひっぱたくわけですね。

そうするとこんな風に広告が浮かび上がります。

もともと「ブランド」とは家畜の牛に入れる「焼印」のことでした。自分の所有物に刻印を入れるSM広告はまさにぴったりといえますね。

人体を使うというコンセプトの広告にはこんなものも。

まず、こういうベンチを用意します。

あとはショートパンツの女性が座るのを待つだけ。

そうすると、絶対領域の裏側の部分に広告が刻印されるという仕組み。

実用化はされていないと思いますが、男性の目が集まる部分でもあり結構効果はあるかもしれません。真冬には効果がなくなるのが残念です。

ソース:copyranter: Ad Creep Update: women’s thighs.

Massad Magazine Commercial: Spankvertising

関連記事

自爆テロ犯、トリガーの携帯電話がスパムメールで誤動作して爆死 – DNA

最後であっと驚く急展開を見せるミントガムのコマーシャル動画 – DNA

カップのサイズが音名に対応、下着モデルを歌わせるシンセサイザーのFlash「The Cup Size Choir」 – DNA

発想の転換!?「夕食には骨なしチキン」と銘打った画期的な広告 – DNA

見事にセキ止め薬が必要なことを表現している広告 – DNA

ドアも鍵も侵入者を防ぐには十分ではないのか……と思わされてしまう秀逸な広告 – DNA

目に見えない「空気」がきれいなことをうまく宣伝しているビルボード広告 – DNA

いかにも寒々しい冬のバス停をうまく使ったナイスな広告 – DNA

広告クリックの85%は、わずか8%のネットユーザーによって生み出されている – DNA

挑戦的なメッセージでいっぱいのペプシの広告画像25枚とムービー – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧